So-net無料ブログ作成

『女であること』とか [映画]

そろそろ春も近いかな〜と油断しそうになる今日この頃
皆さん如何お過ごしでしょうか。 花粉シーズン到来で
目のフチが痒いと、デビューか?と気になってます。
今んトコ大丈夫だけど、発症してる人の様子見てると怖い。
近所のスーパーで、定番だったヨーグルトの割引が無くなったのは
花粉対策で黙っていても売れるからか? ちと寂しい。


『フルーツバスケット』再アニメ化に先駆けてコミック版を読了。
正直、読みづらかった。 なんで読みづらいのか改めて羅列すると

目が一緒のキャラが多数登場して見分けがつかない。
読む方向と逆から台詞が進行することがしょっちゅう。
吹き出しのしっぽが内側を向いたり、無かったり。
小さい上に癖が有る手書きの字。

中盤に主人公の存在がボンヤリするので、中だるみを感じちゃう。
当初は、本田透さんの暮らしの問題で動いていた話だったのに
脇役の話ばかりになって、性別がどうの親がどうのって話が多発。
呪いの話と、主人公がいつ彼にホレたかがハッキリしなくて。
時期的に『らんま1/2』のノリで呪いにしちゃったとか? しかも何故解ける?
誰が何されて落ち込みましたけど、立ち直りました〜なんて話よりも
電波な展開が見たかったなんて書くと、誰がお気に入りかバレバレですわね。
オホホホホw


先日『ラジオ深夜便』で蓬莱泰三さんのインタビュー番組が再放送されていて
その話の中で、見事な分析をされているなぁと感心した話が。
『中学生日記』の脚本を書くに当たって、ある学校に取材を申し込んだら
教頭の許可を受けたのに校長に断られてしまった。 理由を聞くと
「あんな子供を甘やかす番組を作ってはいかん」と怒鳴られたそう。 そして
子供が問題を起こす原因は大人が作っているというのが僕の根本的な考え方で
そういう事をしている大人には、自分が責められていると感じるのかもしれない。
とコメントされていて、脚本を書く人はそういう深読みするのね〜と。
相手がどう思っているかをキッチリ整理して文章にしている事に感心。
私はココがとても苦手なんですよねぇ。 校長さん図星かなぁ。
直前にワンダバ特集していて、たまたま聴けたのはラッキーでした。


『女経』という映画を鑑賞。 昭和35年作。
3つの話を3人の監督が別々のキャストで映像化したオムニバス物。

『耳を噛みたがる女』『物を高く売りつける女』『恋を忘れていた女』
この3本の中、画として楽しめたのは真ん中。 市川崑監督作。
やたらアップを多用して、面白いカメラワークに惹きつけられた。
山本富士子さん、なんで大根演技してんだと思ったら演出で
後半素晴らしいキャラになるので、大変爽快な気分にしてくれた。
ただ、野添ひとみさんが他でまず見ないキャラで登場して勿体無い。

他2作もキャストは贅沢だけど、若尾文子さんと京マチ子さんのメイクが
とにかく酷いw。 演出なのか、カラー化にようやく熟れてきた時期故か。
根上淳さんが汚れ役を演じるのを初めて見たかもしれない。
よくよく考えたら、メイン女優のお三方は現在もご存命って凄いなぁ。


『女であること』という映画を鑑賞。 昭和33年作。
主人公の弁護士家周辺に巻き起こる男女の騒動のお話。
川端康成原作。 川島雄三監督の東宝での初監督作。

まずオープニングに登場する人と、ヴォーカルに呆気に取られる事請け合い。
歌手名の表記しか無いけど、丸山明宏こと美輪明宏さん。
主題歌が終わって状況説明のカットが続くと、突然上空を戦闘機が。
風の強さなのかトラウマなのかハッキリしない演出で、合成が酷いw。
円谷さんだったら、もっと下からの角度で撮ってると思う。

一貫してドロドロしていて、好きになれるキャラが居なくて息苦しい。
夫婦を引っ掻き回す、久我美子さん演じるさかえちゃんがとにかくウザい。
典型的な構ってちゃんぶりに、観てるこっちもくたびれる。
男も好き 女も好き このキャラ設定が当時どう理解されたのやら。
結局、父親の元へ何しに行くんだ?ってトコで幕切れでポカーン。
途中ライフルの反動に一生懸命耐えてるトコは微笑ましかった。

他には、後半の原節子さんに初めて怨念を感じた。 オーラ凄い。
女性陣の口紅の使い方辺りがポイントなのかなぁと、観終わって思ったり。
男性陣が存在感の薄いキャラばかりなのが、ちょっと物足りないトコ。
誰もさかえちゃんを狙わないもんなぁ。 アレじゃ狙わないわなぁw。
一番の見所は、見晴らしの良いロケーションかなぁと思う。
やっぱり谷川俊太郎さん作詞の主題歌が映画の内容を端的に表してる。
女 それは 限りなく分からない ……そんな映画ですね。


今年のプリキュアも始まってるけど、まだ昨年のノリが忘れられない。
キュアえみ〜る、良いキャラだったなぁ。

2019.2.22-2.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。